読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

思ったことを好きなだけ

タイトル通り記録用の超個人的ブログです。音楽・旅行が好き。

【歌詞和訳】Don't Do Sadness

Korea 翻訳 Musical

今さらながらSpring Awakeningが超観たいです。

「春のめざめ」ではなく「스프링 어웨이크닝」、そしてさらに言うならムヨルさんメルヒオール、ジョンソクさんモーリッツを。
二度と実現不可能なことは分かっておりますが。
 
日本でも韓国でも賛否両論、チケット発売もだいぶ苦戦していたようですが、当時の評判を読んだり動画サイトで観る限り、絶対わたし好きだと思う。
誰かと観に行くとかなり恥ずかしいらしいのでその辺りは覚悟しているのですが(笑)、自分の勘を信頼してるので好きだろうという予想はたぶん間違いないです。
 
SAの中でも一目惚れならぬ一聴き惚れしたこちらの曲をご紹介。
簡単にですが韓国語版の歌詞も和訳もしてみました。 
 
  • Don't Do Sadness / Blue Wind

 
<モーリッツ>
甘く蝶になるという幻想に
僕の人生を満たした石ころは消えて
ただ高く高く舞い上がるだろう
あの雲の上を漂い
両目を閉じて
イカした風のように生きる人生は
ある日やってきてある日消えた
大丈夫 一日中埃が口の中に詰まる車道
うっとりして ただ騒ぎ立てる
心配しないで
 
僕は悲しくはない
これっぽっちも
そんな心は放り出して
涙が全部乾く
僕は悲しくはない
やるだけやった
もうやめて 全部必要ない
悲しくはない
悲しみにも興味がない
もうこれ以上
 
<イルゼ>
春が来て 夏が来て
流れる風
なだらかな野原を過ぎ 丘を越えて
野原の上を通り過ぎた日々
また秋がくるね
風はひそかについてきて
手を掴んで
冬の風 滑る砂 がらんと空いた心を歌って
春が来て 夏が来て
流れる風
なだらかな野原を過ぎ 丘を越えて
ザラザラした光が息づくところ あの日々
 
<モーリッツ>
いつか洗濯ロープになるという幻想に
洗濯物を掛けて 全身を揺らして
熱い太陽がそうさせるように
僕を解してくれる
月の光が照らせば
心配しないで
 
<モーリッツ / イルゼ>
僕は悲しくはない / 春が来て 夏が来て
これっぽっちも / 流れる風
そんな心は放り出して / なだらかな野原を過ぎ 丘を越えて
涙が全部乾く / 春が来て
僕は悲しくはない / 夏が来て
やるだけやった / 流れる風
もうやめて / なだらかな野原を過ぎ
悲しくはない / 丘を越えて
悲しくはない / ザラザラした光が息づくところ
悲しみに興味はない / 一日
もうこれ以上 / 一日
 
***
 
このジョンソクさんが歌う「すぷじーあなぁ」の「なぁ」のファルセット部分が好き過ぎて延々リピート中。
2011年版のドンファさんの動画も観ましたが、ここはファルセットの方がより悲しみを表現してるみたいでいいな。
 
悲しくないと歌ってるのにこんなに悲しいのはなぜだろう。
眉間にきゅっとシワを寄せて両手でスタンドマイクを持ってる辺り、なんだか祈っているようで、この後のモーリッツがどういう選択をするかが分かってるだけに切なくて切なくて。
 
ジョンソクさん、今は映像の方で大活躍中ですが舞台にも帰ってきたりするのかな?
Musical Awardsの客席には姿が見えたので期待してしまっているのですが、いかがでしょう?
いつか帰ってきてほしいな。
舞台を愛していてほしいな。
その時を楽しみに。