読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

思ったことを好きなだけ

タイトル通り記録用の超個人的ブログです。音楽・旅行が好き。

【歌詞和訳】바람이 분다 風が吹く

風が吹く
悲しい心にがらんとした風景が吹いてくる
髪を切った帰り道
ずっと浮かべていた涙が溢れる
空が濡れる
暗い街に冷たい雨粒が落ちてくる
群れをなして
ついてくる雨は わたしからは遠いみたい
もう止んだみたい
 
世界は昨日と同じで 時間は流れていて
わたしだけがひとり こうして変わっていく
風に散らばってしまった 儚いわたしの願いは
切なく消えていく
 
風が吹く
冷たい寒さの中に 過ぎた時間を引き戻す
夏の終わりに
立っていたあなたの後ろ姿は 冷たかったみたい
全部分かっていたみたい
 
わたしには大切だった 眠れない日々が
あなたには今と変わらなかった
愛は悲劇なのね あなたはわたしじゃない
思い出は違って残される
 
わたしの別れは 元気でという挨拶もなく
進んでいく
 
世界は昨日と同じで 時間は流れていて
わたしだけがひとり こうして変わっていく
わたしにとってはすごく大切だった思い出が 込められていた
頭の上を 風が吹く
涙が流れる
 
***
 
原曲はイ・ソラさんですが、MUS!CAL PUBLICさんが先日行ったアコースティックミュージカルトークショーで、박형규(パク・ヒョンギュ)さんが歌っていらしたバージョンがとても素晴らしかったので思わず訳してみました。
男性が女性の歌を歌っているにも関わらず地声で歌い上げていらっしゃいます。
パーンと出る声がとても気持ちいい。
他にも色んな曲を披露されていてどれも素晴らしいのですが、わたしはこの’바람이 분다’がとても気に入りました。
あえて一言だけ言わせてもらえるならギターは要練習、てとこでしょうか(笑)
 
あとはサイゴンの'Why, god why'も良かったなー。
おまけのWhy, god why

 まさにクリス、といった感じで表現力も素晴らしいのです。
こんな人が経済学部出身だというところに恐ろしさを感じます。
どんだけ歌えるんだ韓国の人たちは…!
 
それにしても'바람이 분다'は哀しい歌ではありますが心に響く名曲です。