読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

思ったことを好きなだけ

タイトル通り記録用の超個人的ブログです。音楽・旅行が好き。

160727 ゴーゴーボーイズ・ゴーゴーヘブン @シアターコクーン

f:id:maayu64:20160828185448j:image

19:00

永野ヒロユキ : 阿部サダヲ
トーイ / オカザキ : 岡田将生
バグワン / ビージー / おばさん : 皆川猿時
ベティ : 池津祥子
アキ子 / 楳図 / オカザキ⁇ : 宍戸美和公
ハラーシュ / 緒川 : 村杉蝉之介
アンノウン : 顔田顔彦
パパジ / ディレクター : 近藤公園
丸山 / 赤井双葉 : 平岩紙
ワギー / 似池 : 岩井秀人
ビリー・ザ・キッド : 井上尚
グリズリー・ダイアモンド : 掛札拓郎
ボールボーイ : 高樹京士郎
ワンコインマン : 中智紀
林原瑛愛 / CA : 古泉葵
G太夫 / シャー・バラン : 伊藤ヨタロウ
アンディ・ジャー / オツーブ : 松尾スズキ
ヤギ / 大麻吸う太郎 : 吹越満
ミツコ : 寺島しのぶ

 

***


松尾さん的反戦歌ですね、これは。
見た目コメディなんだけど、その裏にはヒシヒシと今の世界情勢に対する警鐘が鳴り響いていて、決してハッピーエンドにならない辺りに世界の闇を垣間見たような気がしました。
架空の国としつつもエピソードなんかはほとんど現実世界で起こっていることで、それにボーイズラブ的な(なんか違う気もしたけど…)要素を加えて作り上げたという感じ。
人身売買や臓器売買なんかも要素として含まれていて、強烈に皮肉っているんですよね。
普通に描いたらかなり深刻になるところをここまで軽く見せるのはすごいと思いました。

 

松尾スズキさんの作品は初めてなのですが、出演者からしてこんな感じなんだろうという期待そのままに、バカバカしくて下ネタ満載でそれでいてシビアな感じがおもしろくて、笑ったり沈んだり忙しかったです。

 

皆川猿時さんのあの強烈なインパクトはどの作品でもご健在ですね。
今回も色んなところで視線泥棒されていて、どこ見たらいいのか分からなくなってしまいました。笑

 

阿部さんはもう阿部さんで(さっきからこんな感想ばっかりだな笑)、どんなときでも崩れないあの感じが好きです。

途中で日芸卒のことをいじられるシーンがあったのですが、あれはアドリブですよね?
阿部さんが反応に困っていたところがちょっとおもしろかったです。

 

岡田将生くんは舞台では2回目ですが、前回もとっても素敵な俳優さんだなと思ったことそのままに、今回も素敵な姿を見せてくれました。

お金の為に売られたトーイはかなり純粋な役で、ミツコのマネージャーであるオカザキはかなりぶっ飛んだ今時青年。
振れ幅はかなり大きいと思うのですが、その両方をしっかり演じ切っていて、トーイのなんだか儚げなところもオカザキのイラっとさせるところもどちらも好きでした。
オカザキの時にはゆとりをいじられてましたね。
(実はゆとりのまぁくんも大好きでした。)

 

あと印象に残っているのが寺島しのぶさんのかなり割り切った演技。

女優魂を見せつけられたような気がします。
舞台であそこまでやってしまうとは…
引き締まった背中がすごくかっこよく見えました

 

もっと色々と含みのある作品なのだとは思うのですが、書き始めると長くなってしまうのでこの辺で。

松尾さんの違う作品も観たくなりました。