読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

思ったことを好きなだけ

タイトル通り記録用の超個人的ブログです。音楽・旅行が好き。

160424 지구를 지켜라 地球を守れ @大学路アートワンシアター1館

Korea Play Report 강필석
f:id:maayu64:20160517185027j:image
15:00
병구 ビョング : 이율 イ・ユル
강만식 カン・マンシク : 강필석 カン・ピルソク
순이 スニ : 함연지 ハム・ヨンジ
추형사 / 멀티 チュ刑事 / マルチ: 육현욱 ユク・ヒョヌク

***

やばい、お腹痛い(笑)
最初から最後まで笑いっぱなしで萌えまくりで死ぬかと思いました。
映画を見て予習したときには、一体この作品どうなっちゃうの?!と戦々恐々としたものですが、さすがイジナ先生、そして信頼できる俳優さんそくさまとゆるくん、映画の内容をそのまま舞台にしちゃっうなんて驚きです。

映画ではシン・ハギュンが演じていたビョングですが、絶対にゆるくん似合う!と思っていた通り、もうゆるくん以外考えられないというほどぴったりで、ちょっと前まで正義感溢れるしっかり者の家臣(アランガ)を演じていたとは全く思えませんでした。
弱くて頭がちょっと飛んじゃってるようなビョングですが、その裏側にはお母さんへの想いや虐げられていた自分への苛立ちや、色んな想いがあるんですよね。
そんなビョングの色んな感情を出し入れしながらゆるくんは演じていて、笑ったりあまりの可愛さにドキドキしたり観ているわたしたちも忙しかったです。
それたけ感情の振れ幅が広いので、ビョングを演じるって実は結構難しくて俳優さんの力量が問われるんだろうな、と観ていて思いました。

そして逆に映画版とは雰囲気が違いすぎて想像が全くできなかったそくさまカン・マンシクですが、もうこれも大爆笑でまた新たな一面を見てしまいました。
立ち上がれないほどの孤独と虚無感の中にいた王様とは思えない弾けっぷりで、そくさまのあんな姿やこんな姿にひーひー言いながら笑ってました。
身体も心もしんどい作品が続いていたので、違った路線としてこの作品を選んだのでしょうか?
本人の弾けっぷりがもう素晴らしくて、きっと演じている本人たちも楽しくて仕方がないんじゃないかな。
もう細々とした仕草でこれでもかと笑わせにくるので腹筋が震えました。笑
そして、そくさまの見どころはズバリ衣装なのですが、最後の衣装にわたしは度肝を抜かれて大変。
そして会場からもどよめきが起きました。
あれってプレスコールとかでも出てないんでしょうか?パンフレットには入ってるかな?
動き付きが最高におもしろかったのでできれば動画で見たいですが、どこかにあの姿残してくれないかな。
疲れたときに見て元気出したい。笑

マルチマンのユク・ヒョヌクさんも芸達者ですごく良かったです。
ダンスな人なイメージですが、身体能力の高さを生かしてダンスとかアクションとか色々観せてくれて楽しかったです。
宇宙人語で話すときはアレンジしすぎてそくさま王子も笑ってしまってましたね。
カンパニーとしても仲が良さそうで楽しそうで何よりです。

今回はそくゆるペアは絶対に観たい!と思って急遽予定変更しましたが、開幕直後であのクオリティなのはさすがですね。
全く手加減なしのぶつかり合いで、序盤から飛び散るゆるくんの汗に春を感じました。笑
それでもいつも仲良しなそくゆるペアなので、戦ってるときももうじゃれ合ってるようにしか見えなかったのですが、それもまた楽しくて、演技なのになぜかほっこりしたところも良かったです。
わたしの癒し…!

観る人にとっては取り方が違っていて、シリアスに受け取る方もいるようですが、わたしはくだらないと思いながらコメディとして捉えるのがいいのかなぁと思っています。
かなりブラックですけどね。
意外とこういうブラックなのも嫌いじゃないのです。(むしろ好き)
あと何回か観る予定があるので楽しみたいと思います。