読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

思ったことを好きなだけ

タイトル通り記録用の超個人的ブログです。音楽・旅行が好き。

160402 ミュージカル・ミーツ・シンフォニー2016 @オーチャードホール

Musical Report Live Japan
17:00
濱田めぐみ
沼尾みゆき
山崎育三郎
ピーター・ジョーバック
ゲスト : 石丸幹二

***

濱田さんのソロコンサートに行けなくて悲しい思いをしていたのですが、ここで沼尾さんと出るということを知り、これは行かなければ!と意気込んで行ってきました。

このシリーズの存在は知っていたのですが、なかなか機会がなくて今回初参加。
フルオーケストラっていうのもいいですよね。
音の厚みが違うし歌声も響いて聴こえるというか。
オーケストラでも色んな表現ができることに驚いたり興味深く聴いていました。
選曲もわたし好みですごく嬉しかったです。
まず1曲目からサンセットブルーバードが聴けるなんて。
ピーターさん、シュッとしていてすっごくスタイルが良くてカッコ良くて、思わず普段全く使わない双眼鏡を構えました。笑
ラミンやJOJさんみたいにバーンと声が前に出る感じではないのですが、個人的にはとっても好きな声で、いつか作品でお会いしたくなりました。
7月にはI♡MUSICALSで戻って来られるみたいなのでそれをまた楽しみにしておきたいと思います。

そして、何よりも聴きたかったウィキッドからの楽曲!!
というか会場に来ている誰もが聴きたかった(というか目当てに来ていた)ことでしょう。
主催者もちゃんと分かってますね。
沼尾さんのキュートなPopularも最高でしたが、なんとDGは沼尾さんとの台詞付き完全版を聴くことができました。なんて幸せなの!
気持ちが高まりすぎて鳥肌立ちまくりで、おまけに涙も溢れちゃって1部終わりにしばらく立ち上がれませんでした。
実は濱田さんのDG自体を生で聴くの初めてだったのですが、これは日本ミュージカル界の宝ですね。
世界のどこに出ても誇れるぐらいだと思います。
素晴らしいものを見せていただきありがとうございました。

いっくんは星のさだめ以外は全部今まで演じてきた役を歌っていたのですが、こう聴くとメジャーな役をものすごくたくさんしてきてるんだね、とお友達と話になりました。
演りたくても簡単にはできない役ですよね。
今はドラマの方にたくさん出させてもらってますが、今回舞台に立ってやっぱり自分はミュージカルが好きだなって思ったとおっしゃっていました。

ゲストの石丸さんはこのシリーズ最多出演だそうで、今となってはミュージカル界の広告塔みたいなところがありますが、やっぱり歌はとてもお上手でトークも上手く、ファンの心を惹きつける魅力のある方なんだろうなぁと実感。
ちょっと前に観たばかりのジキハイからの『時が来た』は感情がとてもこもっていて素晴らしかったです。

最近は四季の曲もちゃんと日本語で聴けていいですね。
やっぱり一番感情が乗るのは母国語だと思いますし、受け取る側も歌詞が理解できた方がいいに決まってる。
こういうミュージカルコンサートのような一曲一曲が独立しているならなおさらそうですよね。
千秋楽でなければリピートしてしまっていたぐらい素晴らしい舞台でした。
また出演者を見ながら機会があれば行きたいと思います。

<セットリスト>
1部
サンセットブルーバード / ピーター
Sound of Music / 沼尾
Tell me on the Sunday / 濱田
キッチュ / 山崎
All I Ask of You / 石丸、沼尾
ひとかけらの勇気 / 石丸
Kiss of the Spiderwoman / ピーター
Why, God why / 山崎
世界が終わる夜に / ピーター、濱田
Popular / 沼尾
Defidyng Grabity / 濱田、沼尾

2部
Don't cry for me Argentina / 濱田
Empty Chair Empty Table / 山崎
Come What May / ピーター、沼尾
星のさだめ / 山崎、濱田
Music of the Night / ピーター
Wishing You Were Somehow Here Again / 沼尾
僕こそ音楽 / 山崎
あんな人が / 濱田
時が来た / 石丸
Gold Can Turn to Sand / ピーター

アンコール
For Good / 濱田、沼尾
ABBAメドレー / ALL

f:id:maayu64:20160510070424j:image