読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

思ったことを好きなだけ

タイトル通り記録用の超個人的ブログです。音楽・旅行が好き。

160221 스토리오브마이라이프 The Story of My Life @ペガムアートホール

f:id:maayu64:20160412074029j:image
14:00
토마스 トーマス : 조강현 チョ・ガンヒョン
앨빈 アルヴィン : 홍우진 ホン・ウジン

***

最後の最後まで枠をどうするか迷ったあげく選んだSOML。
個人的には大好きな職人ペアをmy楽にしたいという気持ちがあり、前回の渡韓で観て満足していたのですが、その一方でひとつ心残りがずーっとありまして。
それは序盤に観て緊張からなのか、とっても固かったウジンさんアルヴィン。
期待していただけにちょっとアルヴィンのイメージとは違うなぁと思っていたのですが、その後に観たわたしのお友達の中でとても好評だったので、時期的に本来の実力を観れなかったんだということが分かり、とっても心残りだったんです。
この枠は他にも観る候補がいくつかあって、チケットも取ってたりしたのですが、いつ再演されるか分からないし、大好きな作品に心残りを残してはいけない!という気持ちで直前に予定を変更して観てきました。

結果は観て大正解!!
ウジンさんアルヴィンは皆さんが愛おしいと絶賛するのがとても良く分かる、素晴らしいアルヴィンでした。
序盤にわたしが見た固さは全くなくなっていて、むしろ行動のひとつひとつがダイナミックですっごい元気。笑
紙のばらまき具合も、わたしが観た中で過去最高に紙が散らばってました。
途中でウジンさんアルヴィンがゴリラの真似をして、それをガンヒョンさんトムが何の真似か当てるという謎のコーナーがあったりと、自由に伸び伸び演じていらっしゃいました。(あのモノマネコーナー何だったんだろう)
きっとこれがウジンさんの本当の姿なのですね。笑
あと前も思ったのですが、やっぱりウジンさん殴られ方が超絶うまい。
模範生とかで鍛えた殴られ方なのでしょうか。
殴られてるのに殴ってる人も見えるようなので、本当にすごいです。

動きもすごくいいのですが、くるくる変わる表情もアルヴィンっぽくてとってもいいですよね。
トムを見ている表情が愛おしそうだったり寂しそうだったり嬉しそうだったり。
ナビの後の「보내…」 のところはもう色々混ざったような複雑な表情をしていて、見ていてわたしの心もギュっとなりました。
ガンヒョンさんトムは強がって強がって最後にポキっと折れるようなトムだったので、”이게 다야”のアルヴィンはその分とっても優しくて、最後はわたしの涙が溢れてもう大変。

元々ガンヒョンさんの作品をヒョンヨンしか観たことないので、生意気な弟ジュボンのイメージもあって、トムも自信家で弱みを見せないような役作りなのかな?と思いながら観てましたが、雪合戦とか本気だし(何回も近距離で当ててた)、負けず嫌い感も満載。
本気で雪を避けてて、完全に舞台に背中向けてビヨーンとなってて笑いました。

ガンヒョンさんトムはもう途中までが本当に憎たらしくて憎たらしくて、アルヴィンが不憫に思えるぐらいだったのですが、最後の最後にやられました。
”I didn't see Alvin”でアルヴィンが常に自分のインスピレーションだったことに気がついてからはそれまで強がっていたものが一気に崩れ、そこからはボロボロ泣いていてようやく事の重大さに気づくみたいな感じでした。
ようやく現実を受け入れたというか。
アルヴィンを抱きしめるのもなんだか縋るように見えて、それをポンポンと「分かってるよ」と言わんばかりに抱き返すウジンさんアルヴィンも良かったんだけど、それまでのガンヒョンさんトムからはちょっと想像できなかったラストだったのでギャップに驚き、そして
ラストにソンドムンを書き綴っていたノートをそっと閉じて、それを愛おしそうに撫でるのも反則です。
憎さ余って可愛さ倍増、まさにそんな感じのトムでした。

待ちに待った再演だったので悔いを残さないように、と思って観れるだけ観ましたが、今シーズンは見事にキャスコン達成。
わたしの人生を変えたソクジュンさんアルヴィンとヨンビンさんトムが相変わらず素晴らしかったことや、大好きなそくさまの新しい魅力と絶品ナビが聴けたこと、ウジンさんアルヴィンがこんなにも愛おしくなったこと、その他諸々たくさんの宝物を受け取ることができました。
あと、この作品を通じてTwitterなんかを通じて新たな出会いがあったことも嬉しかったし、個人的に思い入れのある作品が日本の人たちにもこんなに愛されることも嬉しかったです。
わたしのSOML2015-2016シーズンはこれにて閉幕。
たくさんたくさんありがとうございました!