読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

思ったことを好きなだけ

タイトル通り記録用の超個人的ブログです。音楽・旅行が好き。

160110 거미여인의 키스 蜘蛛女のキス @シニョンアートホール(Aアートホール)

f:id:maayu64:20160305085008j:image
14:00
몰리나 モリーナ : 이명행 イ・ミョンヘン
발렌틴 バレンティン : 정문성 チョン・ムンソン

***

ミョンヘンさんとムンソンさんのクロスペア。
ずっとこの2人のクロスペアを待っていたので、見ない訳にも行かず行ってきました。
お一人ずつ観ているときにも絶対クロスペアでも合うと思う!と言っていましたが、実際の感想もまさにその通り。
前回観たときにムンソンさんバレンティンがどんどん変化していく様が素晴らしいと思ったのですが、今回はミョンヘンさんモリーナもどんどんと変わっていき、最後は聖母マリアのような微笑みに。
なんなのこのペアは!と衝撃が隠せなかったです。

ミョンヘンさんモリーナは最初はちょっとテンションの高いゲイのお姉さんなのですが、バレンティンと心を通わせる頃になると優しく穏やかに変化していき、自分のことを話す頃にはすっかり落ち着いてすべてを包み込む聖母のようになるという、ストーリーに即した演技をされているのがさすがだと思いました。
ムンソンさんバレンティンとその過程が同じなので、心が通った瞬間だとか2人の関係性だとか、すごく良く分かる演技を2人ともされていたようにも感じて、化学反応がとにかく素晴らしかったです。

デフンさんとの同志のような2人の間柄も良かったけど、話の内容としては、わたしはムンソンさんバレンティンとミョンヘンさんモリーナの心を溶かしあうような2人の会話がとても心地よくて、いいなーと思って観ていました。
こういう2人劇だとお互いが与え合う影響ってとっても大きいのですね。
後からムンソンさんご本人が、今回はクロスペアがあったりしたけど、練習もたくさんしたし公演機会も多かったのでどのモリーナでもとても演じやすかった、とおっしゃっていました。
役者さんたちの熱気はやっぱり客席まで飛んできますね。

今回もとても密度の高い演劇を観ることができて楽しませてもらいました。
わたしの今期蜘蛛女はこれにておしまい。
最後が大好きな2人のペアで幸せでした。