読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

思ったことを好きなだけ

タイトル通り記録用の超個人的ブログです。音楽・旅行が好き。

151205 스토리오브마이라이프 The Story Of My Life @ペガムアートホール

f:id:maayu64:20160107173344j:image
15:00
앨빈 アルヴィン : 홍우진 ホン・ウジン
토마스 トーマス : 강필석 カン・ピルソク

***

今シーズン2回目。
キャスト発表があってから楽しみにしていたそくさまとウジンさんペア。
そくさまにはいつかトーマスとしてこの作品に出てほしいと思っていたので念願が叶い、発表時には嬉しくて小躍りしました。
ウジンさんも演劇ではお目に掛かったことがあって、とても味のある素敵な演技をする俳優さんだとずっと思っていたので、アルヴィン役だと知ったときは驚きはあったもののどう演じてくれるのかとても楽しみにしていました。
そんな2人も大学の先輩後輩だそうで(どれだけすごいんだあの学校は)、事前の動画でも親しそうに話をしていたのでどんなケミストリーが出来上がるのかが期待値がどんどん高まっていきました。

まずはそくさまトーマス。
な、なんですか、この可愛いトーマスは…!
ご覧になればすぐに分かるかと思いますが、もう、子供時代のトムが可愛すぎてわたしはキュン死するかと思いましたよ。
いつも大体どの作品でも舞台の上ではかなり存在感のあるそくさまですが、話し方から内股に入る脚の具合とか、もういつものカリスマさまが舞台を降りた妖精さまに完全に変わっていました。笑
わたしは顔はずっとにやけっぱなしで、何度か悶えすぎて声が出そうになり、抑えるのが大変。
レミントン先生のお葬式に忍び込むシーンとか、そくさまでもあんな声が出るんですね。
雪遊びのシーンも少年のようで、普段とは違った姿にファンとしては堪らなくなりました。
それでいて、やはりトーマスにとってはナビのシーンはこの作品最大の見せ場ですね。
そくさまのナビは始めは自信なさげに始まり、物語が進むにつれてどんどん加速していくのが歌と表情両方から見てとれて感動しました。
最後の方は、とっても晴れやかな表情で自信に溢れ、こんな風に舞台で歌えたら楽しいだろうな!トーマスおいしいなぁ!と思うぐらいでした。

過去と現在をトムは行き来しますが、そくさまトーマスはその切り替えがはっきりしていて分かりやすかったです。(子供時代が可愛すぎたのかも)
まだこの日は公演が始まってから2回目だったのでちょっと硬いかなぁと思うところもあり、苦悩は見えるのですがトム自身が新たに歩き始める感じが見えづらかったかな、と思いました。
あとは体調もあまり良くないようで、舞台上で鼻を噛んでいる方、初めて観ました。
この作品は2人とも出ずっぱりなのでちょっとつらいですね。
トムは感情の起伏も大きいし、きっと演じる方はすごく大変なんだと思いますが、まだまだ始まったばかりなのでこれからどう変化していくのかも楽しみです。

ウジンさんアルヴィンはまだまだ本調子ではない感じでしょうか?
緊張感が漂っていて歌声も不安定だったかな?
今はだいぶ経ってそんなことないらしいのですが、やっぱり久々のミュージカルでしかも2人芝居、出ずっぱりというのはプレッシャーだったのかもしれませんね。
そくさまと2人なので余計バランスが微妙で目立ってしまっていたように思います。
なんとなくそういうのに強い方なのかな?と思っていたので個人的には意外でした。
アルヴィンはとても賢くて優しい子だとわたしは思っているのですが(トムもそう言っている)、この時のウジンさんアルヴィンは可愛いんだけど、ちょっと不憫な感じに見えてしまって、イメージしてるのと少し違うね、とこの作品マニアの妹とも話をしていました。
今どうなっているのか確認したいのに、もう観れる機会がなさそうなので残念です。

2組を観て、開幕直後にはやりあれだけのクオリティを保っているソッコペア(というらしい)はさすがだなぁとひとしきり感激。
特にソクジュンさんアルヴィンは、動作ひとつひとつが職人だったなと思い返しています。
さて、わたしはこれからあと何回観ることになるのでしょうか。