読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

思ったことを好きなだけ

タイトル通り記録用の超個人的ブログです。音楽・旅行が好き。

151128 サウンドオブミュージック @四季劇場 秋

Musical Report 劇団四季 Japan
f:id:maayu64:20151230102113j:image
17:30
マリア : 江畑晶慧
トラップ大佐 : 深水彰彦
修道院長 : 秋山知子
エルザ : 八重沢真美
マックス : 勅使瓦武志
シュミット : 大橋伸予
フランツ : 川地啓友
シスター・ベルテ : 久居史子
シスター・マーガレット : 奥平光紀
シスター・ソフィア : 兼田怜奈
ロルフ : 小林清孝
リーズル : 吉良淑乃
フリードリッヒ : 加藤慶士
ルイーザ : 吉村衣桜菜
クルト : 大東リッキー
ブリギッタ : 郷間香乃
マルタ : 朝日麻衣
グレーテル : 倉重咲愛

***

わたしの原点、サウンドオブミュージック。
父親がこの作品が大好きで、子供の頃からビデオ、LD、DVD、Blu-rayと機械が進化しても、媒体も替わりながら常に家で観れる状態だったサウンドオブミュージック。
ずっとミュージカル版も観たいと思っていたのですが、これまではなかなか機会がなくて観れずじまいでした。
今回はお友達のおすすめキャストがちょうど揃った日に自分の予定も空き、そしてチケットも無事お譲りいただくことができて晴れて観に行くことができました。

江畑さんのマリアは意思がしっかりしていながらとても愛らしいマリア。
エルフィーで何度か観させていただきましたが、歌も演技も抜群で言うことなし。
子供たちへの愛情や大佐への愛情もしっかり見えて、そして歌が好き!という気持ちが何よりも溢れていてすごく良かったです。

あと、おすすめされていたのが深水さんのトラップ大佐。
厳しさの中の優しさが見えるあたりがまさに大佐そのもので、わたしの知ってる映画版の大佐が見えるようで嬉しかったです。
マリアと出会ってどんどん表情が柔らかくなっていき、子供たちへの愛情も再び表現できるようになるんですよね。
その過程がいつも泣けてきます。
ライオンキングムファサとかも演じられているようで、あぁ絶対似合う!と思いました。
海宝くんと深水さんのライオンキングないかなぁ。
揃ったら観に行きたい。

あとは、素晴らしいと噂に聞いていた秋山さん修道院長が観れて感無量です。
すべての山に登れ(題名に自信なし)が素晴らしすぎて涙出ました。
cube三銃士で和音さんが歌っていたのにもとても感動したのですが、やはり曲中だと雰囲気もまた違って最高でした。
柔らかく気高いソプラノが本当に素晴らしかったです。

あとは子供たちもとってもよかった。
もうちょっと歌がんばれ!と応援したくなるような子もいたのですが、一生懸命生き生きと演じているのが観ていて清々しかったです。
ドレミの歌はあんなに名曲だったとは。

何度も映画版を観すぎて台詞覚えているぐらいなので、あっこのシーン違う!とか大佐がエーデルワイス歌わない!とか、人形劇のシーンがない!とか心の中で違いを楽しみながら観ていました。
映画の方が細かく作られている感じですね。
年末年始には、実家で必ず一度は誰かしらが見始めるのでまた名作に心洗われたいと思います。