読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

思ったことを好きなだけ

タイトル通り記録用の超個人的ブログです。音楽・旅行が好き。

151024 PRINCE OF BROADWAY @東急シアターオーブ

Musical Report Japan BW
f:id:maayu64:20151123111908j:image
f:id:maayu64:20151123111916j:image
12:30
JOSH GRISETTI
SHULER HANSLEY
RAMIN KARIMLOO
NANCY OPEL
BRYONHA MARIE PARHAM
EMIRY SKINNER
MARIAND TORRES
KALEY ANN VOORHEES
TONY YAZBECK
柚月礼音


***

日本初演と銘打たれたこちらの作品ですが、さすがブロードウェイスターが勢ぞろいということで歌も踊りもハイレベル。
ただ、ミュージカルと呼ぶにはどうにもストーリーがなく、出演者のファンであれば見所は色々とあると思うのですが、わたしのようなまだ俄か者にとってはハマりきれず何回もリピートするには厳しいかな、という印象でした。
チケット代もびっくりするぐらい高いし。

ハロルド・プリンスさんの演出した作品を辿っていくこの作品ですが、ハロルド・プリンスさんをよく知らない&古い作品はよく知らないこともあって、置いていかれること多々。
特に1幕は、うーん聞いたこと…ないな…みたいな雰囲気。
なので知っている曲が出てくるときの高揚感は素晴らしく、ラミンのトニーとか怪人とか、あそこは最高の見せ場だったと思います。
ケイリーちゃんも本当に歌が上手くて、あんなにスコーンとソプラノが出ると聴いていて気持ちがよいですね。
欲を言えば”Phontom Of The Opera” を聴きたいところでしたが”All I Ask of You”からの”The Music of the night”は一番の興奮ポイントでした。
あの瞬間に空気が変わりましたね。
ラミンの怪人、いつか観てみたいな。またやらないかな。

あと素晴らしかったのはトニー・ヤズベッグさんのタップ。
CFYやビリーエリオットでタップの素晴らしさは十分に分かってるつもりですが、1人であんなにタップダンスを踊りまくるのを初めて観たので、もの凄く衝撃的でした。
こんな表現もあるんだなぁと。
身体全体を使うのはもちろんですが、それに音が加わって眼と耳両方から迫力が伝わってくるのがタップですよね。
トニーさんはほんとに一人分じゃない迫力がありました。
まさに本場のタップダンサーの実力。
いつか舞台でも観てみたいです。

いつか舞台でも観たいという感想ばっかりですが、今回の作品はまさにそういう構成だったように思います。
EVITAのハローブエノスアイレスも凄く迫力があって良くて、歌なんだけど演説聴いてるみたいでした。
心に訴えかけてくるような歌声、これもブロードウェイの迫力なのかな、と。
EVITAという作品自体まだ未見なので再演を待っているのですが、四季さんよろしくお願いしますね。
アイーダもね。

柚月さんは初めて拝見しましたが、ダンスがとってもお上手な方なのですね。
結構筋肉質でガチッとしていて、鍛えているなーという印象。
健康的な体型なのでなんだか好感が持てました。
女性特有のしなやかさ、ではないですがアメリカのダンサーを彷彿とさせるようで、BWとかも、もしかしたら合っているのかもしれませんね。
一度男役も観てみたいところでした。
まぁわたしが知った頃にはもうすでに大スターで、チケットなんて全く取れなかったですが。
これから舞台なのかドラマなのか、どういった分野でご活躍されるのか分かりませんが、ご自身の魅力がしっかり生かせるようなご活躍ができるといいですね。

チケット何枚か持っていたのですが、結局全部お嫁に出してしまい一度の観劇で終了してしまいました。
運営方法にかなり皆さんも鬱憤が溜まってしまっていて、キャストの皆さんは何も悪くないのですが、正直公演自体にあまりいい印象は持てなかったです。
先行チケットの座席配置なんてひどいもんだし、その後に低価格で良席を出してくるなんて、ファンを馬鹿にしてるとしか考えられないですよね。
チケットを売るならなんでも良いのか、と言いたくもなる…
'おまけ'に特に興味のないわたしはいい公演を観せてくれればそれで満足なので、質の高い公演の製作をぜひよろしくお願いします。