読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

思ったことを好きなだけ

タイトル通り記録用の超個人的ブログです。音楽・旅行が好き。

150913 Clementia @天王洲銀河劇場

f:id:maayu64:20151015175318j:image
17:00
宮尾俊太郎 バレエダンサー(Kバレエカンパニー)
大貫勇輔 コンテンポラリーダンサー
尾上菊之丞(尾上流四代家元)
SINSKE マリンバ奏者

構成・演出・振付 : 川崎悦子

***

踊る大貫さんが観たくて、待って待って待っていた公演。
本当にようやく!です。
ちょうどこの時期がものすごく忙しくて、しかもすでに観劇予定も色々入っていたりと、もしかして行けない?!という危機があったのですが、こんなに待っていたのだから行かないわけにはいかない!と無理やり予定を組み立てて観に行ってきました。
銀河劇場だったのでそのまま羽田から飛ぶという強行日程。

無理した甲斐があり、本当に素晴らしい公演でした。
コンテンポラリーとバレエと日本舞踊、尺八とマリンバ・・・これがこんない相容れるのかと、結構な衝撃です。
まさに題名通り。
第1幕の桃太郎は本当に桃太郎なのですが、それをあんなにかっこ良く描いてしまうなんて。
振り付けの川崎悦子先生は振り付け界では超有名人ですが、あんなに素晴らしい世界を作り上げてくださってありがとうございます、とわたしからもお礼を言いたいぐらいでした。
ロミジュリを見逃している人間としては、死のダンスを踊ってくれたことも嬉しかったし、ボレロも素晴らしかった。
実はわたし子供の頃にバレエ経験しているのですが、発表会で大人の人たちがこのボレロを踊っているのを観て衝撃を受けたんですね。
あの繰り返されるフレーズの中でどんどん膨らんでいく踊り、パンっと弾けるように終わるラスト。
今でもボレロは、なんだか見るたびに興奮します。

大貫さんの全身を使ったダイナミックな踊りは本当に素敵ですね。
踊りのプロでもなんでもないですが、きっと肩関節がものすごく柔らかいんだと思っています。
だからものすごくダイナミックに見えるし、同じ踊りでもしなやかに見える。
宮尾さんももちろん素敵ですが、わたしはやっぱり大貫さんの踊りが好きです。
また色んなところで観れるといいのにな。
もっと踊ってください(切実)。

本当はもっと観たかったのですが、1度しか観れなくて残念でした。
でもどうやらDVDも発売されるらしいので、これは購入しなくては。
そしてまた再演を期待したいと思います。

f:id:maayu64:20151015175420j:image