読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

思ったことを好きなだけ

タイトル通り記録用の超個人的ブログです。音楽・旅行が好き。

150825 エリザベート @帝国劇場

Musical Report 井上芳雄

f:id:maayu64:20151005151204j:image

18:30 前楽

エリザベート : 蘭乃はな
トート : 井上芳雄
フランツ・ヨーゼフ : 田代万里生
ルドルフ : 京本大我
ルイジ・ルキーニ : 山崎育三郎
少年ルドルフ : 池田優斗
 
***
 
終わってしまいましたね、エリザベート。(とっくの昔ですみません)
チケット入手があれだけ困難な帝劇作品は、そんなに長くないわたしの観劇人生ですがその中でも間違いなくNo.1でした。
チケット取ったのは春だった気がしますが、その時わたしは韓国のカフェにいて、かなりイライラしながらチケッティングしていたことを思い出します。
そんな期待を一身に背負って始まった公演、期待を裏切らず今までとは違う全く新しいエリザベートを見せてくれて、個人的にはとても楽しませていただきました。
評判も最後まで良かったんじゃないかな?
 
この日は蘭乃さん、芳雄さん、いっくん、万里生さん、大我くんが千秋楽。
始まる前から独特の緊張感がある公演でした。
特に芳雄さん人気は凄まじく、拍手とオペラグラスの動きがいつもと違った。笑
千秋楽だからか、芳雄さん自身もいつもと少し違っていて、よりパワフルになっていたような気がしました。
特にルドルフの死後にシシィを突き放すところなんて「あぁ(本当は濁点付いてる)…!」っと声にならない声みたいなのが出てました。
床をバンっと叩くのは前からやってましたが、あそこで声が出たのは初めて聞いたかな。
あとは、いつも思わず笑ってしまうドクトルゼイブルガーのところも、嬉々としていて個人的には萌えポイントでした。
最後までエリザベートを愛おしそうに見ている姿だとかルドルフに対しても少し哀れみの表情を見せたり、わたし個人としてはそういう裏の部分が見えた方が人間味があって(トートだけど)好感が持てたのかなと思いました。
もちろん野獣な城田トートも好きですけれども。
 
今回大好きになったいっくんルキーニ、小鳥ちゃんは50回やって一度も戻って来なかったそうですが(笑)、おとなしく戻ってきたらそれはそれで物語と違ってしまうもんね。
ミルクでは台車乗りに失敗して転けそうになりひゃっとしましたが、その後は何事もなかったかのように市民を扇動していました。
このストレスフルなルキーニ、ほんと大好きでした。
CD聴くのが楽しみだな。
 
芳雄さんといっくんはまた来年出演してくれるかな?
4ヶ月と長丁場なのでどんな人がキャスティングされるのか楽しみです。
特別公演とかで浦井ルキーニいかがでしょ?
浦井くんもルキーニなら短期間の練習で出来そうじゃない?笑
本当はタイトルロールに関して言いたいことは山のようにあるのですが、千秋楽も迎えられた皆さんのために静かにしていようと思います。
 
2015年エリザベート、my楽そしてプリンシパルさんたちも何人か千秋楽ということで、最後にご挨拶がありました。
動画は上がっていますが自分用メモ。
  • 司会はいっくん。初めからカミカミでリーダーからダメだし。
  • いっくんがいつになったら独り立ちできるんだろ?と呟いてるのが可愛かったです。芳雄せんぱいのMCスキルは特別だ(笑)
  • ルキーニいっくん、自分からご挨拶。ヒゲが生えるかがまず心配だったそうで、クリームを毎日塗り塗りしていたらしい。
  • 20代最後で大きな挑戦が出来たって言ってたかな?わたしいっくんルキーニ好きよ^^
  • 大我くんはハタチで、普段はアイドルやってますと言ってました。
  • 大我くんにとっても大きな挑戦だったと思いますが、きっとミュージカル初めて観たっていう若いファンもいただろうし、その子たちがまた違う作品も観に行ってくれて裾野が広がればいいなと思います。
  • 同じ大学出身の芳雄さん、万里生さん、佐藤さん。なんだか芳雄先輩が後輩に突っ込んだりしながら、先輩後輩の縦ラインが出来上がってたような気がします。
 
と、ここまでは終演直後に書いていたのですが、時間が経ちすぎてこれ以上はあまり思い出せません。笑
楽しい時間をたくさんくれたことに感謝して、わたしのエリザベート2015も幕を下ろしたいと思います。
来年も楽しみ!
ありがとうございました!