読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

思ったことを好きなだけ

タイトル通り記録用の超個人的ブログです。音楽・旅行が好き。

150822 사의찬미 死の賛歌 @デミョン文化工場 1館 ビバルディパークホール

f:id:maayu64:20151001075551j:image
15:00
김우진 キム・ウジン : 정문성 チョン・ムンソン
윤심덕 ユン・シムドク : 신의정 シン・ウィジョン
사내 男 : 김종구 キム・ジョング

***

よくし、ムンソンさん…!
実はあまり好きではなかった前期グルーミー
アクシデントにより急に観たのでキャストも選べず、あまり集中して観れなかったせいもあり、話の内容もよく頭に入って来なくて、どうしてもウジンとシムドクの愛がよく分からなかったんですね。
でも、今回はしっかり集中して観ることができました。
これも全部ムンソンさんのおかげだなぁ。

ムンソンさんは去年のよぼしょ以来のミュージカルなので、久々に歌声を聴きました。
ヨンボムはタイトルロールぐらいしかソロがないので、たっぷり歌声を堪能したのはもしやパルレ以来?
とにかく久しぶりでしたが、やっぱり上手いし何よりもあの感情がしっかりと乗る声がわたしは好きです。
前回あれだけ集中できなかったのが嘘のように目が離せなくて、なるほど、こういう話だったんだ、ということが多々ありました。

色々な解釈があるとは思いますが、なんとなくわたしはサネは実在しないのかな?と思いました。
ウジンが描いた戯曲の中の人物だと感じた、とお友達は言っていましたが、わたしもそれに近いのかな?と。
創造の過程で生まれてくる何か象徴的なものなのかなと思いました。
例えば自分の心の黒い部分や普段表せない深いところ、あとは欲望みたいなもの。
それを自分の中からえぐり出すのが劇作家だとも思うし、やたらとサネが結末を気にしていたことも気になりました。
もしくは、サネはウジンを掻き立てるためにわざとシムドクを紹介し近づいた人物だったか。
どちらにしろ、謎の人物ですがウジンの劇作家としての想像力を掻き立てる意味で重要な役ですね。
ジョングさんも悪くなかったですが、ジェウンさんで観たかったな…
わたしの周りの評判がすこぶる良いので、ジェウンさんサネが観られなかったことはとっても残念です。

作品の舞台が日本だということもあり、日本語の台詞も冒頭にあるのですが、残念ながらジョングさんサネの日本語はどう頑張っても日本人には思えない日本語でした。
どこから日本語が始まったのか分からなかった。笑
サネより短いとはいえ、ムンソンさんは上手ですよね。
日本人がたくさん観に来てやりにくいと思いますが、ジョングさんファイティンです!

あとこのお話って、シムドクが非常に重要だと思うのですが、ウィジョンさんとっても良かったです。
特別美人!というわけではないのですが、歌声がセクシーでシムドクという役に説得力を与えていたように感じました。
特に地声とファルセットの切り替えがすっごく上手で、日本で公演中だった某女王役の方に教えてあげてほしいと思うほどでした。笑
観終わってもしばらく気づかなかったのですが、ウィジョンさん暑い夏でヒロイン役だった方なのですね。
わたしウィジョンさんでしっかり観てました。笑
高校生役から歌謡界のスター役なので雰囲気もまったく違っていて、全然気が付きませんでした。
それほど幅広い演技ができる方なのですね。
今後も期待が高まります。

前期からどのように演出が変わったのか分かりませんが、演じる役者さんと自分の好みによってこれだけ受け取り方が違うのか!と思った作品でもありました。
以前からムンソンさんの中ではウジンに対して役作りの時間が少なく心残りがあったようでもう一度演りたいのはウジン、とおっしゃっていたこともあって、今回は願っての再演だったようです。
それであれだけ完成度の高い演技を見せてくれるなんて、やはり信頼できる俳優さんだと再認識しました。
次の作品も楽しみにしています。