読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

思ったことを好きなだけ

タイトル通り記録用の超個人的ブログです。音楽・旅行が好き。

150606 빈센트 반 고흐 ヴィンセント・ヴァン・ゴッホ @忠武アートセンター 小劇場ブラック

f:id:maayu64:20150707201405j:image
f:id:maayu64:20150707201454j:image
19:00
빈센트 반 고흐 ヴィンセント・ヴァン・ゴッホ : 조형균 チョ・ヒョンギュン
테오 반 고흐 テオ・ヴァン・ゴッホ : 박유덕 パク・ユドク

***

前回見逃して再演があれば観てみようと思っていた作品、ゴッホ
プレビュー初日に運良く観ることができました。
しかも何気に好きなヒョンギュンさんのゴッホデビュー。

画家ゴッホの生涯を描いたミュージカル、ということしか知らずに行ったのですが、音楽も美しく、プロジェクションマッピングを多用した舞台映像が新しく迫力がありました。
白い背景いっぱいに絵が魔法のように描かれて、このゴッホという作品にプロジェクションマッピング多用するのはすごく合っているんじゃないかな。

絵には全く造詣が深くなく授業で習ったほどの知識しかないわたしですが、ゴッホは生きている内にほとんど売れず苦労をしたとどこかで聞いたことがあります。
ストーリーはそんなゴッホを支えた弟テオとの絆やゴッホの苦しみ、ゴッホが絵に全てを捧げ全身全霊でぶつかっていた姿が描かれていて、最後は涙なしには観られません。
そんなゴッホをヒョンギュンさんも体当たりで演じていて素晴らしかったです。
後半は精神的に壊れてしまうゴッホも、声と表情から痛いぐらいに伝わってきて、改めていい役者さんだなと思いました。
ヒョンギュンさんの歌声に合った曲調だし、ずっと歌いっぱなし出っぱなしというのは大変そうでしたが、ヒョンギュンさんの代表作のひとつになるんじゃないかなーという予感さえします。
ヒョンギュンさんはこういう少しポップな曲調が似合うなと思っていたら、どうやら作曲家さんはYGの作曲家さんだと教えてもらいました。
なるほど、どうりで!と妙に納得。
ヒョンギュンさんの歌声が入った今年バージョンのCDが発売されたらぜひ購入したいところ。

テオ役のユドクさんは初めましてなのですが、ちょっと年齢がヒョンギュンさんと合わない?とビジュアルで思ってしまったのですが、しっかり者の弟としては貫禄があって良かったかな。
あとテオ役は一人4役ぐらいこなすのですが、その演じ分けもうまくされていて分かりやすかったです。
ヴィンセントと同じぐらいテオも出ずっぱりですが、歌もお上手で2人のハーモニーが心地よかったです。

この日はプレビュー初日だったのでまだ小道具の使い方とかがぎこちないところがあって、若干はらはらしましたが、きっと慣れていくとさらに良くなっていくんだろうな、という予感があります。
2人芝居だということすら知らずに行きましたが、枠があればまた観たいです。