読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

思ったことを好きなだけ

タイトル通り記録用の超個人的ブログです。音楽・旅行が好き。

141001 島田歌穂 アニヴァサリー・コンサート @ゆうぽうとホール

18:30

***

島田歌穂さんの40周年記念コンサートに行ってきました。

歌穂さんは、お世話になった会社の先輩から歌穂さんの素晴らしさを滔々と説かれたのがきっかけでずっと観てみたかった方のひとり。
残念ながら作品としては一作品しか観たことがないのですが、今回40周年記念コンサートがあるということを知り観に行ってみることに。
 
先輩が強く勧めるだけあって、舞台上で歌う姿はほんとに素晴らしかったです。
なんて言うか、舞台に立って歌うということが好きで好きで仕方ないんだな、という喜びが溢れてくるようでした。
どうやらわたしの中の基準に、『幸せそうに歌を歌う人が好き』というセンサーがあるらしく、それを感知できる人がどうやら好きみたいです。
Kくんとかよしおさんとかね。
 
実はそのよしおさんがゲストで出演する、ということで知ったコンサートだったのですが、この2人が一緒に歌うなんて!と途中からドキドキしっぱなしでした。
ミュージカル界のプリンスと舞台に呼ばれたよしおさん、照れながらもプリンスやってます、とか言いながらご登場。
相変わらずスタイル抜群で素敵です。
意外なことに作品で歌穂さんとは共演がないそうで、いつか共演したいと色々アピールしてるんだそうです。
わたしもここに書いておきますね。
いつか共演が観たいです!!
 
一緒に歌ったのはシェルブールの雨傘のデュエットでしたが、せっかくだからとよしおさんのソロも。
ParadeのThis is not over yetという曲を。
絶望の中に見える希望が勇気をくれて一番好きな曲なんだそう。
ここ数年の新参者なので興味深く聞いてました。
よしおさんが簡単に解説してくれたお話が、とてもおもしろそうだったので日本でもいつか上演してくれるといいな。
 
よしおさんが舞台袖にはけた後は歌穂さんと旦那さんでもある島さん二人で出したジャズアルバムの話になり、二人でスタンダードナンバーをしっとり歌ってくださいました。
ほんと素敵なご夫婦だよなぁ。
とっても憧れます。
ジャズにはあまり詳しくないので曲名は分からないのですが聴くのは大好き。
音符が流れるようなジャズのリズムが好きです。
 
そうこうしてるうちに2人目のゲストである森山良子さんが登場。
森山さんは島さんと関わりが深いようで、よく3人で飲んだりしてるんだそうです。
森山さんの歌声も心に響く歌声ですよね。
思わずうっとりなってしまいました。
 
そして忘れられないのがこの後もう一度よしおさんが登場して歌ってくれたMy Favorite Thingsです。
島さんアレンジだそうですが、これがもう素晴らしくて震えました。
なんですか、あれ。言葉にできない。
素晴らしいものになる、と歌い始めに歌穂さんがおっしゃっていた通りでした。
あれだけ聴けたらもう満足かも。プライスレス。
この曲だけでもいいので音源もしくはDVD化を切望します。
シングルCDでもいいです。買います。
 
そんな素敵な三人の時間もあっと言う間に終わり、ラストへ。
もちろん歌穂さんのコンサートなので一人でも色々と歌ってくださったのですが、なんせ曲名が分からないものも多くて…
そんな中でも特に心に残っているのが最後の方の2曲。
On My Ownはもう素晴らしすぎました。
実はこの曲、レミゼを観るときのわたしの泣きポイントではなくて、いつもあまりあの曲では泣かないのですが、歌穂さんのOn My Ownはもう第一声から違っていて涙がポロポロ流れてきて自分でびっくりしたぐらいです。
これが本物…!と失礼ながら思ってしまいました。
さすが何百回とエポニーヌを演じていらっしゃる歌穂さん、格が違いました。
 
アンコール前のラストが愛の讃歌だったのですが、これもまた素晴らしく。
歌詞を替えて歌ってらっしゃったのかな?
これまでの感謝と、私は舞台で歌い続けるという強い信念を感じました。
ミュージカルの中の曲じゃなくても届くものがものすごくあって、すべての曲において感情の出し入れを自由にしている歌穂さんの素晴らしさを最後に集約して観たようでした。
俳優さんってやっぱりすごい。
 
あまり体調が良くなくて行くかどうかものすごく迷ったのですが、諦めなくてよかった。
そんなことを思わせてくれる素敵なコンサートでした。
40周年、おめでとうございます!
また舞台の上でお会いしたいです。