読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

思ったことを好きなだけ

タイトル通り記録用の超個人的ブログです。音楽・旅行が好き。

140824 ジーザス・クライスト=スーパースター @自由劇場

f:id:maayu64:20140915193417j:plain
f:id:maayu64:20140915193428j:plain
13:00
ジーザス・クライスト : 神永 東吾
ユダ : 芝清道
マリア : 野村玲子
カヤパ : 高井治
アンナス : 吉賀陶馬ワイス
司祭1 : 佐藤圭一
司祭2 : 中橋耕平
司祭3 : 真田司
シモン : 佐久間仁
ペテロ : 五十嵐春
ピラト : 村俊英

***

久々のジーザス。
これまで日本版で観たのがジャポネスクバージョンだけだったので、実は初めてのエルサレムバージョン。
韓国版は去年何度も観たのでなんとなくエルサレムバージョンはあんな感じなんだろうな、とイメージがあったのですが、全く違っていて圧倒されてしまいました。

噂には聞いていたのですが、特にアンサンブルが素晴らしいですね。
曲のアレンジとかは韓国版のスピーディな編曲も好きだったりしたのですが、民衆がまさに物語の核を握っているかのような作品なので、あれだけぴったりと群舞を見せられるともう言葉がありません。
自由劇場という狭い空間っていうのもいいのかもしれない。
ジーザスの7日間がギュッと詰まったような濃厚な時間として流れる気がしてくることが不思議です。

キャストの皆さんは去年観たジャポネスクバージョンとはマリアが違うだけで、ほぼ同じキャストのような気がするのですが、神永さんのジーザスのイメージがすごく変わっているような気がしました。
ジャポネスクとエルサレムの違いもあるかもしれませんが、神永さん自身に余裕が出てきたのか、どっしり構えていて達観しているジーザスがすごく表れていたようでした。
なのでゲッセマネもすごく心に響いてものすごく納得感が高まっていたように感じました。

去年も冒頭声が出ていなかった芝さんユダ、残念なことに今年も…
芝さんは徐々に調子が上がってくるタイプなのでしょうか?笑
最後には全く気にならなくなっていて、『スーパースター』なんて絶好調だったのですが如何せん出だしが残念で。
ユダはオープニングにビッグナンバーが来るので調整が大変なのかもしれないですね。
次はスパーンと抜ける『彼らの心は天国に』を聴いてみたいです。

やっぱりこの作品が好きだなぁ、と思わせてくれる公演でした。
全国ツアーに出てしまわれるのでリピートができなくて残念ですが、東京凱旋公演とかがあればぜひ行きたいと思います。
ジャポでもいいよ!