読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

思ったことを好きなだけ

タイトル通り記録用の超個人的ブログです。音楽・旅行が好き。

140816 Hedwig @ペガムアートホール

f:id:maayu64:20140904072832j:plain
21:00
Hedwig : 최재웅
Itzhak : 서문탁
The Angry Inch : 최기호 ZAKKY 임승준 김령수

***

myまっこん(たぶん)はジェウンさんのウンドウィグ。
2度目ですが、本気のジェウンさんはやっぱり凄かった。
最近は俳優の欲(笑)を少し抑えていらっしゃるのか掛け持ち公演がなくて、いつぞやのやっつけ感がなくなってきたと思うのはわたしだけでしょうか。
今回も「あぁわたしの好きなジェウンさんはこれだよ!」と思わせてくれました。
そしていつも思うことなのですが、ジェウンさんの作品は表情まできちんと見える前の方の席でじっくり堪能するに限る。
あらゆる視線だとか表情だとか細かい演技が素晴らしすぎます。
2列目だったのでもう瞬きも惜しいぐらいに凝視してしまいました。

今回強く思ったのはジェウンさんの歌を聴いていると物語を感じるということ。
他に視覚的なものがなくても情景が浮かんでくるというか。
それだけ歌で伝えられているということなんでしょうか。
特にThe Origin Of Loveのときにそれが顕著で、バックに映像が流れているのですが、全く見ずにジェウンさんだけを見ていたにも関わらず全部浮かんできました。
ゼウスの声を変えていて、それがもの凄く強くてちょっとビックリ。
さらっと歌う方も多いイメージなのですが、もの凄く力を込めて歌ってくださり涙が出てきました。
ここが強かったので片割れ探しにものすごく共感でき、最後が泣けて泣けて仕方ありませんでした。

全体的にはとても可愛らしくて愛情深いウンドウィグですが、毒もたっぷり持っていてそんなお姉様っぷりが最高です。
今回は通路側のある女の子をロックオンしたらしく、抱きついたり結んでたゴムをしっかり外してまで頭を撫で回したり、その子に向けて聖水を浴びせ、それで髪直して(ウインク)、とやりたい放題。
カーウォッシュは相変わらずの腰さばきで、自分にやられたわけではないのにクラクラしました。笑

色んな別れを経験しているヘドウィグですが、その度に傷ついているのですね。
帰る場所がなくなってしまった寂しさ、尽くして尽くして捨てられた虚しさ、何度も何度も傷つくのに、それでも片割れを見つけるために立ち上がるヘドウィグの姿がとてもかっこいいです。
そして自分が立ち上がるだけじゃなくて誰かの背中もちゃんと押してあげられる。
トミー然り、イツァーク然り。
そんな姿をウンドウィグからは感じられるから、あんなに最後泣けちゃうんだと思います。

Wicked Little Townをヘドがトミーに向けて歌うとき、あんな優しい表情を向けられたら恋に落ちるわ。
すべてを優しく包み込んで育んでくれるような愛情ですよね。
逆にトミーのWicked Little Town、ここではわたし大泣き。
歌詞にもありますが、トミーだって結局包まれていたことが分かって、最後の”고마워요”になるんですよね。
誰かのヘドはここで”사랑해요”と言うのですが、わたし的にはここは”고마워요”の方がいいと思ってます。
日本人だから言葉のニュアンス的に使い方が少し違うからかもしれませんが…

そんな優しいウンドウィグのMidnght Radio、もう号泣するしかありません。
イツァークを送り出すときの背中を押すような表情、そしてドレスを着てウィッグ着けて戻ってきたイツァークを迎える眩しくも嬉しそうな顔、もの凄く感動的でした。
あの優しい表情には人を動かす力がある。

アンコールは深夜公演ということもあり、お客さんが帰らずアンコールの嵐!
家帰らないの?とジェウンさんも若干心配してましたがもの凄く熱いアンコールでした。
男の人も多かった印象。
ジェウンさんももちろん色気ムンムンでかっこ良かったのですが、ソムンタクさんが超絶男前で惚れました。笑
あの歌声、一体どこから出るのですか。
もう声帯全開で歌っていらっしゃるのでしょうね。
喉強すぎです。
ものすごくノリもよくてヘッドバンキングしたりウェーブしたり盛り上がりまくり。
姐さん、かっちょいいです…!!
ジェウンさんとは初ペアだったそうなのですが、そんな風には見えないほど息ピッタリでした。

自分が今期まっこんだということもあったのかもしれませんが、ほんとにこの日のジェウンさんは素晴らしく、思い返すたびに泣きそうになります。
前回よりもずっとよかったし、観ることができて幸せでした。
かなりお腹いっぱいな状態になり、もう満足です。
素晴らしすぎたので、一緒に観ていたお友達ともう一生ジェウンさんについていくしかないね、という結論に至った次第です。

10周年おめでとうございました!
素晴らしい公演をありがとうございました!