読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

思ったことを好きなだけ

タイトル通り記録用の超個人的ブログです。音楽・旅行が好き。

130630 4Stars One World of Broadway Musicals @梅田芸術劇場

f:id:maayu64:20130630183836j:plain
 
14:00開演
Ramin Karimloo
Lea Salonga
Sierra Boggess
 
夢のような時間を過ごしてまいりました。
この世で一番美しい音色の楽器は人の歌声かもしれないと思った日。
 
※バタバタしていてアップするのが遅くなりましたー。泣
 
前日に仕事があったので行けるとしても大阪日帰り。
どうするべきかと悩みに悩んだあげく、皆さんのレポが一様に素晴らしいと褒め称えていたので、これは行くしかない!と覚悟を決めて行ってまいりました。
 
いざ始まってみると…始めから最後まで鳥肌が立ちっぱなし。
悩んでいたのは何だったんでしょう。
ただの時間の無駄でした。笑
知らない曲も多くて大丈夫かな?と思っていた不安も開演早々に全部吹き飛ばしてくれました。
 
ラミンさんもレアさんもシエラさんも、そして城田優くんも、ソロからハーモニーまでどんな歌を歌っても心地よいんです。
パンフレットのレアさんのページに'音の中心を捉えることに自信がある' と書かれていましたが、4人がみんなピタッと合わせてくるのでそれがとても気持ちいいんだと思う。
 
『ラミンのオペラ座の怪人は凄いらしい…!』と某劇団のようなキャッチフレーズを聞いてたのですが、噂に違わず、あれ聴くだけでも価値があるんじゃないかと思うぐらいでした。
ファントムの孤独や寂しさが苦しくて苦しくて。
 
レアさんの安定感もシエラさんの澄んだ声も、城田優くんの華やかさも全部夢みたいでした。
コンサートではあったのですが、どんどん曲が進んで行くのでまるでひとつのショーのようで退屈することはありません。
 
大阪のお客さんが熱かったこともありますが、この日は大千秋楽だったので会場は大盛り上がり。
それにつられてキャストの皆さんもテンションが上がったようでほんとに楽しそうにされていたのが印象的でした。
初めからレアさんぴょんぴょん飛び跳ねてたし。
城田優くんは「みんな白人みたい!」と言って喜んでましたね。
 
あとキャストの4人が凄く仲が良さそうでみてるこっちも笑顔になっちゃう場面もたくさん。
ソロで自分のルーツを歌うようなコーナーがあって、舞台上に他のキャストもいるのですが、ピアノの周りで肩組ながら聴いてるんですよね。
ほんと歌が好きでミュージカルが好きで舞台が好きで、そして世界中のファンから愛されて音楽の神様から愛されている、そんな人たちなんだろうなと思いました。
韓国でマイケル・リーさんと(軽く)お話したときにも思ったのですが、本当に世界から認められている人っていうのは人間的にも素晴らしい人なんですね。
そんな人たちの中に城田くんがいるっていうのが何だか誇らしいです。
 
ラミンさんソロのとき、始めを日本語で歌ってくれ、終盤には城田くんと一緒にデュエットしてくれたあの曲が好きで堪りません。
YouTubeにアップしてくださってありがとうございます。泣

 
 
セットリストなどは購入したパンフレットに記載されているのでここでは省略。
今回はミュージカルではなくコンサートとしていらっしゃっていたので、今度は役に入っている皆さんにお会いしたいです。
 
ミュージカルを観始めたのが最近なので、観たことない作品がたくさんあって、その分だけ観たい作品もたくさんあって困ります。
素晴らしい俳優さんたちにもたくさん出逢えて、世界が拡がるようでとても楽しい。
(拡がりすぎて大変なことになっているのは内緒。)
 
いつかまたNYに行ってミュージカルを観るのだ!