読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

思ったことを好きなだけ

タイトル通り記録用の超個人的ブログです。音楽・旅行が好き。

130323 スリルミー 柿澤×松下ペア 千秋楽 @天王洲銀河劇場

柿松ペアの千秋楽、観てまいりました。
今回の期間では先週に引き続き2回目。
前回はステージサイド席だったのですが今回は正面の席だったので全体がよく観える、しかも表情まで観えるような席だったので、その分2人の心まで観えるようで終わったときは若干脱力状態でした…

千秋楽だったので、なんだか2人の気合いというか凄みを感じて、やっぱり後半は膝の上の手を握りしめていました。
息するの忘れちゃう。

カッキーももちろんよかったのですが、最後は洸平くんの気迫が凄すぎてなんだか魂持っていかれました。
ほんとに彼のことが好きで好きで堪らなくて、ああいう結末になったのも辛くて辛くて仕方ない。こんなこと望んでなかったんだ!という心の声が聴こえてきそうで。
目の色だとか顔の動き方ひとつひとつがそう言ってたようにわたしには思えて、最後の最後、「僕のこと、怖くなったか?」のとこで心臓掴まれたみたいになってしまいました。
はぁ、思い出すと今も苦しい…>_<

カッキーの後半につれて取り乱していく様子はとても印象的。
半狂乱なAfraid、茫然と階段を登っていくLife Plus 99 Yearsと、あれだけ自信満々だった彼が崩れていくのがツライ。

カーテンコールは5回ほど出てきてくれましたが、カッキーが終始涙目でしたね。
手を広げるカッキーに洸平くんが飛び込むという素敵なワンシーンも。
7月公演でもありましたが、「シッ」っと洸平くんが指を口に当てると会場の拍手がピタッと止みます。
タモリさんもびっくりな息の合い方ですね。笑
その様子を隣で「すげ!」と呟く柿澤さん。
素なカッキーを垣間見ました。

2人とピアノ朴さんが、もちろんスタッフの皆さんが、愛して、生命を削りながら作りあげた素敵な作品。
伝わるかわかりませんが、ここで素敵な舞台をありがとう!とお礼を言いたいと思います。
またいつの日か、柿澤彼と松下私に会えますよね?
その日を楽しみに。

待ってるよ…!