読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

思ったことを好きなだけ

タイトル通り記録用の超個人的ブログです。音楽・旅行が好き。

130317 スリルミー 小西×良知ペア @天王洲銀河劇場

f:id:maayu64:20130317235927j:plain
12:00 開演
彼 : 小西 遼生
私 : 良知 真次
ピアノ : 朴 勝哲

***

開幕しました、春のスリミ祭り。
8ヶ月ぶりなので前の公演については忘れているところも多くて自分の書いたブログを読み返して、なるほどこんなこと思ってたのねーと復習したりしてました。
こんな風に役に立つこともあるのね。
今回はオールキャストコンプリートの予定ですが、まず第一弾は去年の夏に観られなかったラチコニペアから。

2人のペアは初見でしたが、こにたん(呼び方が可愛いのでこの呼び方で。笑)の体温低め沈着冷静な彼と、良知さんの必死で体温高めなバランスがとてもいい感じ。
どのペアにも似ていない。
やっぱりペアによって全く違うのがこの作品のおもしろいところ。

ペアによって違う物語になる、とさっきも書きましたが、特にわたしはこにたん彼がお気に入りに。
ムヨルさんみたいな放っておけない雰囲気を出すわけでもなく、新納さんとカッキーの激しいオレオレ系でもなく、ほんと静かな佇まいで愛情を受けずに育ち、冷静な言葉とは裏腹に心が哀しい彼、そんな感じ。

ロードスターもとても良かったです。
ムヨルさんのロードスターが好きすぎてあれを超えるのはもう観られない!と思っていたのですが、こにたんのロードスターはそれに迫るものがありました。
出てくるときに軽く鍵をチャラチャラいわせながら来るところとか、Kチームを参考にしてるのかなー、と思ったりしました。
ずっと冷静沈着なこにたん彼が笑った場面ってあの曲のときぐらいしかなかった気がしますが、子供に向けた優しい笑顔が逆に怖い。
ハットを被っているのですが魔女に見えた…!

あとはこにたんの目ヂカラ勝ち。
あんな鋭い目で見据えられたら言いなりになっちゃう。

逆に良知さん私は必死さが伝わってくる、彼を自分のものにするために衝動的な行動もしてしまうんではないかというような印象。
あの激しさはどちらかというと万里生さん私に近い。
わたしの中では秘められた狂気みたいなのが感じられるとゾクゾクしてしまうので、ジェウンさんだとか洸平くんの私が好きかなー。
これは完全に好みの問題ですけどね。

どのペアも色んな良さがあって素晴らしい。
わたしの禁断の森はまだまだ続きます。