読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

思ったことを好きなだけ

タイトル通り記録用の超個人的ブログです。音楽・旅行が好き。

130316 Nell プレミアム・ショーケース・ライブ @原宿Astro Hall

Live Nell Report
どうしても行きたかったのにチケットが取れなかった、と以前ここにも書いたと思いますが、心優しき方のおかげて無事お譲りいただけまして、記念すべき日本1stライブに行くことができました。
ありがたやありがたや…TT

しかも整理番号も前の方で、なんと最前列まで行けてしまった…
なんてこと!!
スタンディングのライブハウスなんて超久しぶりすぎて、若干どうしたらいいか迷いながらもせっかくなので最前列を確保してみました。
女性が多かったし潰されることもなさそうだったので。

一番前ってなんだかあれですね、現実感がないというか何というか。
ひとりで行ったからかもしれませんが、なんだか夢の中にいるようで足元がふわふわしていました。

夢見心地のままの一時間半でしたが、ほんと大満足。
Nellの曲はジョンワン先生の声と一緒に心に届きます。
わたしがNellに興味を持ったのはエピカイ3集のLet It Rainでfeat.をしてるのを聴いたときですが、そのときはなんて哀しい声をしてるんだろう、と胸が苦しくなったんですね。
そのときからずっと生で聴いてみたくて、思い続けた甲斐がありました。
多分、わたしと同じ気持ちの人がたくさんいて、会場は見事にsold outで満員。
もちろん韓国から来ている人もたくさんいたみたいですが、感慨深いですよね。

ジョンワン先生、ツンデレ感満載で好きだわー。
とても気持ち良さそうに歌う姿とギターを鳴らす姿が印象的。
もっと大人な感じかと思っていたのですが、いい意味で少年っぽさも持ち合わせた方だな、と感じました。
そういったところもないと確かにああいう歌詞は書けないかな、と妙に納得。
曲が終わる度に'끝!'って言うのがなんだか可愛かったです。

ジョンワン先生のMCは全部英語で感謝の気持ちとライブが出来て嬉しいと言ってくれてました。
Tokyoを歌う前には、ここ東京で作って韓国へ持って帰ったこの歌をもう一度ここで歌うことができて嬉しい、と言ってくれていました。
最後には'Crazy Tokyo~!!' と楽しんでくれていたみたいでわたしもほんとに嬉しかった。
気持ち良さそうににジョンフンさんと顔を見合わせて演奏している姿が目に焼き付いています。

日本語MCはジョンフンさんが担当していたようで、一生懸命日本語を話してくれていました。
ジョンフンさんとジョンワンさんの間ぐらいにいたのですが、軽く手フェチなわたしはベースを弾くジョンフンさんの素敵な手に目が釘付け。
やっぱり楽器を弾く人の手って指が長くてキレイな人が多い気がします。
ずっと触りたいー!と思っていたら最後に手を伸ばしたら握手してくれました>_<
ジョンワンさんも!(ついでじゃないよ。)
タッチではなくてしっかり握ってくれたのが死ぬほど嬉しかったです!
一気にファンになりました。笑

あと観てて思ったのは、ジョンワンさんとジョンフンさんは"動"の人ですが、ギタリストのジェギョンさんは"静"の人ですね。
わたしの勝手なイメージですが、日本には静のベーシストが多い気がするので、なんとなく逆なのが面白かったです。
開始早々にマイクを外して話す気ナッシングだったジェギョンさんですが、MCを振られて日本語で挨拶してくれました。
勉強してくれてるんですね。嬉しい!
アンコールの最後、二回目のCliff Paradeはステージ上でジョンワンさんが決めたみたいで、打ち合わせをしてましたが、かなり長い間打ち合わせてジェギョンさんに日本語で曲紹介させてました。
みんな仲がいいのも素晴らしい。

一時間半という短い時間でしたが、やれることを出し切った、とレーベルの方もおっしゃっているので、何度もいいますがわたしは大満足。
何かお知らせがあるかなーと期待していたのですが、特に今後のことは発表されませんでした。
次はフルレンジのライブをぜひ。
楽しみにして待っていたいと思います。

写真は持ってるから買わなかったのですが日本語訳が気になって買ったCDと、先着順でもらえるというサイン。
誰が誰のかさっぱり分かりませんが大切にしたいと思います!
f:id:maayu64:20130317113203j:plain

<Set List>
1.After Glow
2.Beautiful Stranger
3.유령의 노래 (幽霊の歌)
4.오후와의 대화 (午後との対話)
5.Tokyo
6.Promise Me
7.Cliff Parade
8.Standing in the rain
9.백색왜성 (白色矮星)
10.믿어선 안될 말 (信じてはいけない言葉)
encole
11.기억을 걷는 시간 (記憶を歩く時間)
12.Ciiff Parade